【京都市】補助金申請をする際の注意点・必要書類とは?申請支援は行政書士潮海事務所

補助金申請する際には、間違わずに申請するためにどのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。企業にとって国や自治体から補助金を受け取ることは、事業運営を有利に進めるうえで非常に効果的です。要項はしっかり確認したうえで、専門家の支援・サポートを利用しながら、補助金申請を進めていきましょう。

こちらでは、補助金申請を行う際にチェックしておきたい注意点をご紹介いたします。京都市で補助金申請をお考えでしたら、ぜひ行政書士潮海事務所へご相談ください。

補助金申請をする際の注意点・必要になる書類とは?

required documents when applying for a subsidy

補助金申請する際には、せっかくの申請が無駄にならないようにそれぞれの注意点に気をつける必要があります。申請前に以下の注意点をチェックしていきましょう。

必要書類を過不足なく揃えて提出する

補助金申請する際には、まずはしっかりと要項をチェックしたうえで必要書類などを確認しましょう。

万が一書類の形式が異なっていると、条件を満たしていたとしても受理されない可能性があります。申し込みが受理されなければ、審査に進むことができません。

そのため、書類作成時には従うべき形式についても間違いがないか確認しましょう。

また、補助金によっては先着で締め切られるケースもあります。こうなると公募中に送付したのにも関わらず、補助金を受け取れない可能性が出てきます。

補助金は基本的に精算払い

補助金は、事業に必要な費用を前もって出してくれるものではなく、基本的に精算払いです。そのため補助金申請する際には、精算払いということは前もって認識しておき、補助金を充てる予定の費用については入金までは原則立て替える必要があります。

しかし、会社によって事前の立て替えでは事業運営が難しい場合もあるため、その際には適宜金融機関に相談するようにしましょう。補助金を受け取るまでのつなぎとして、相談次第で貸付を行ってくれる金融機関もあります。

できるだけ余裕をもって補助金申請する

補助金申請する際には、できるだけスケジュールに余裕をもって申請に向けて動くようにしましょう。というのも、補助金申請は先着順で締め切られるパターンがあるのはもちろんですが、補助金制度によっては、経営革新等支援機関に認定された機関から確認書を受け取ったうえでの申請が必要となるパターンも増えてきているためです。

しかし、この確認書を受け取るのには、少々時間がかかる場合も少なくありません。早めに補助金申請に向けて動かないと間に合わないことも出てくるため、なるべく早い段階で認定支援機関への相談を考えていきましょう。

不安なことは前もって確認しておく

補助金申請において、不安な点も出てくるでしょう。不安をそのままにして後々不備が発覚したり、不正受給になってしまったりすると、企業にとって不利益となってしまいます。そのため、少しでも不安に感じたこと、疑問に思ったことは前もって確認しておくとよいでしょう。

その際におすすめなのは、補助金申請について支援・サポートを行っている専門家に相談することです。行政書士などの補助金・助成金に詳しい専門家に相談すれば、疑問点を解決してくれるだけでなく、より効果的な申請のポイントについてもアドバイスを受けることが可能です。

自社に合った補助金についても相談できるため、補助金申請の際に困ったときは、積極的に専門家に相談することもご検討ください。しかし、厚生労働省管轄の雇用関係助成金は、社会保険労務士の独占業務となっているため注意が必要です。

京都市の行政書士潮海事務所では、補助金や助成金、給付金の申請代行サービスを提供しております。プロとして補助金申請のアドバイスを行うだけでなく、最適な補助金・助成金をご提案することが可能です。申請時のミスがなくなりスムーズに補助金申請を行うことができますので、京都市内で専門家や支援機関をお探しの方は、ぜひ行政書士潮海事務所へお任せください。

京都市の補助金申請支援は行政書士潮海事務所へ

support the application of subsidies

補助金申請を行う際には、要件や形式を間違えずに必要書類を作成して提出すること、余裕をもって補助金申請に向けて動くことが大切です。申請前に注意点をチェックしておきましょう。また、不安に感じることはそのままにせず、行政書士などの専門家へご相談ください。厚生労働省管轄の雇用関係助成金は、社会保険労務士の独占業務となっていることも把握しておきましょう。

京都市の行政書士潮海事務所は、補助金申請の支援・サポートを行っております。どのような補助金・助成金があるのか知りたい、申請手続きを行いたいが書類作成が苦手、申請方法がわからないなどのお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。京都市内からのご依頼・ご相談をお待ちしております。

京都市で補助金申請のご相談なら行政書士潮海事務所

事業所名行政書士潮海事務所
英文名SHIOMI Administrative Solicitor office
代表者行政書士 潮海 俊吾(登録番号 第19272132号)
所在地京都府京都市中京区梅屋町492番地(麩屋町通)

ハイツ京御所 201号室

(ご来所の際は事前にご連絡をお願いします。)
取扱業務許可・認可登録申請手続き

補助金・助成金申請サポート

国際関係業務(阪行第20-93号)

遺言・相続業務
TEL075-241-3150
営業時間9:00~18:00【 定休日… 土・日・祝 】

※メールでの相談は年中無休で受付けております。