補助金代行のサービスや受給までの流れについてご紹介!相場についても相談可

補助金の代行サービスを利用しよう!行政書士潮海事務所は初回相談40分無料

補助金の代行サービスを利用する際には、どのような流れで進んでいくのか理解しておいてください。代行サービスを利用する流れについて知っておくと、今どの段階かが明確になります。

また、補助金は採択されてからすぐに受け取れるわけではありません。どのような流れで補助金を受け取れるのかも、事前に確認しておきましょう。

こちらでは、代行サービスを利用する流れや、補助金を受給するまでの流れについてご紹介いたします。

補助金の代行サービスを利用する流れとは?

受話器を持ち上げる人物

代行サービスを利用する流れについてですが、まずはメールもしくは電話でお問い合わせをいただく必要があります。

電話であれば平日の9時から18時まで受け付けており、メールであれば24時間受け付けております。メールに関しては返信までに数日いただく場合もありますが、必ず返信しておりますのでご安心ください。そこから、実際に打ち合わせという流れになります。

行政書士潮海事務所では、初回の相談が40分無料となっております。また、オンラインでも相談することは可能なので、直接事務所に足を運んでいただく必要はありません。

実際に相談をした後には、サービスの紹介をさせていただきます。行政書士潮海事務所が提供するサービスに申し込みを検討していただき、申し込んでいただけるようでしたら契約を結んで着手金が発生となります。

着手金を確認次第、業務に取り掛かるといった流れです。必要があればご相談をさせていただきつつ、必要な書類の作成や申請といった業務を進めていきます。

補助金の申請が採択されましたら、成功報酬をお支払いいただきます。

以上が代行サービスの流れです。電話やメールで問い合わせた時点で費用が発生するということはありません。

実際に相談をしたとしても、初回であれば40分無料となっているので、利用していただきやすいと思います。試しに相談していただき、こちらが提案するサービスが魅力的でなければ断ることも可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

電話に関しては少数で対応しておりますので、つながらない場合があります。その場合は、しばらく待ってからお電話をいただくか、メールでのお問い合わせをお願いいたします。

補助金受給までの大まかな流れ

PCでフローを確認するイメージ

補助金受給までは、以下のような流れで進んでいきます。

1.補助金の存在を知る

まずは補助金の存在を知ることから始まります。
補助金には様々な種類があるので、自分の事業とどの補助金がマッチしているのかを考えたうえで申請する必要があります。

2.申請をする

次に、その補助金に対応した書類を揃えて申請を行います。補助金によって申請に必要な書類は違うので、注意してください。
この申請書類の準備が手間というのであれば、行政書士などに依頼をして代行してもらうことが可能です。

3.採択される

書類の内容が補助金を申請するに相応しいと判断されたら、補助金の交付が決定されます。
採択後は交付申請を行い、その内容が認められたら交付が決定されます。

4.事業を実施する

交付が決定された内容に従って事業を行います。
あくまでも事業に対して補助金を支給しているので、事業内容を変更する場合は事前に手続きを行わなくてはいけません。

また、補助金の対象になる経費に関しては、領収書や証拠書類をすべて保管しておく必要があります。

5.補助金交付

実施した事業の内容、経費などを報告します。それらを踏まえたうえで正しく実施したことが確認されたら、実際に補助金を受け取ることが可能になります。

申請した事業内容と異なる業務を行っていたり、補助金を申請しているのにも関わらず事業にお金を全く必要としていなかったりしたら、補助金の交付が認められない可能性があります。

そのため、ご自身で間違いなく実施する事業についての補助金の申請を行うようにしてください。あくまでも事業に対して補助金が交付されていることを忘れてはいけません。

以上が、補助金を受け取るまでの流れです。

行政書士に依頼する際は流れや相場を知っておこう

補助金の申請は、行政書士にサポートを依頼するのが一般的です。行政書士に依頼をしたら、どれくらいの費用がかかるのかをあらかじめ考慮しておくようにしてください。様々な業者を比較して、信頼でき、ご予算に見合った価格で依頼可能な業者を見つけることが大切です。

行政書士潮海事務所では、補助金の申請代行を行っております。ご依頼いただいた方の事業に関して丁寧にヒヤリングした上で、申請準備から受給に至るまで徹底してサポートいたします。京都市の中心地に事務所を構えていますので、遠方からもお気軽にご相談ください。

補助金の申請代行に関するご相談は行政書士潮海事務所へ

事業所名行政書士潮海事務所
英文名SHIOMI Administrative Solicitor office
代表者行政書士 潮海 俊吾(登録番号 第19272132号)
所在地京都府京都市中京区梅屋町492番地(麩屋町通)

ハイツ京御所 201号室

(ご来所の際は事前にご連絡をお願いします。)
取扱業務許可・認可登録申請手続き

補助金・助成金申請サポート

法人コンサルティング業務

国際関係業務(阪行第20-93号)

遺言・相続業務
TEL075-241-3150
営業時間9:00~18:00【 定休日… 土・日・祝 】

※メールでの相談は年中無休で受付けております。