補助金の代行申請をする場合の依頼先は?業者の選び方や費用について

補助金の代行申請を依頼!行政書士であれば対応できる業務が多い

補助金の代行申請をする場合、誰に依頼が可能かご存じですか。

補助金の申請には複雑な手続きが数多くあるため、誰かに申請代行を依頼しようと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、そもそも補助金の代行申請を行ってくれるのは誰なのでしょうか。

こちらでは、補助金の申請代行が誰に依頼できるのかについてご紹介いたします。申請代行業者の選び方についてもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

補助金の代行申請は誰に依頼可能?

書類に記入をする人物と電卓

補助金の代行申請に関してですが、資格の定めはありません。そのため、十分な知識を有していれば誰にでも依頼をすることが可能です。

しかし、資格を所有していないと本当に業務を任せても問題ないのか不安な面もあります。そのため、一般的には補助金の代行申請を業務の一環として行っている行政書士や中小企業診断士、社会保険労務士に依頼をすることが多くなっています。

また、企業の業態や補助金の種類によっては、税理士や弁護士に依頼をするケースもあります。

補助金というのは、申請をしても書類が通らなければ受け取ることができません。しかし、返済する必要のない支援金となっているので、事業を始めるのであれば絶対に活用したい制度です。

審査は非常に厳しいので、信頼できるプロに代行申請を依頼しないと採択される可能性は低いです。申請書類のクオリティ次第で採択率が大きく変わってきますから、過去の実績なども参考にしつつ、信頼できる行政書士や中小企業診断士を選んでください。

また、補助金の代行申請における官公庁に提出する書類の作成代行は、行政書士の独占業務となっています。そのため、そういった業務までを任せたいと考えているのならば、行政書士に補助金の申請サポートを依頼することをおすすめします。

書類作成に関しては自分で行うというのであれば、中小企業診断士や税理士に代行申請を依頼しても問題ありません。

補助金の申請代行業者を選ぶ3つのポイント

補助金の申請代行について業者に相談する様子

補助金の代行申請を依頼する業者を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

補助金の代行申請に力を入れている

行政書士や中小企業診断士と一括りにいっても、力を入れている業務の種類は異なります。必ずしも補助金の申請業務に力を入れていると言うわけではありません。

また、補助金の代行申請を業務から外しているという行政書士や中小企業診断士もいます。そのため、補助金の申請サポート先を選ぶ際には、どれだけ補助金の代行申請に力を入れているかが大切になります。力を入れているプロであれば、過去の実績なども豊富にあるため、そういった方には安心して代行申請を任せることが可能です。

まずは代行申請に関する実績があるかを確認してください。

サポート内容や範囲が十分か

次に、どこまでの範囲をサポートしてくれるのかを確認してください。補助金の申請において大変なのは、補助金を申請するまでの段階です。申請までがサポートに含まれているのが一般的なのですが、含まれていない場合もあります。

また、補助金は採択が終わった後も、多くの事務手続きが必要となります。申請した補助事業をどのように進めたのかを報告しなくてはいけないのですが、それにも相当な手間がかかります。実施報告を怠ったり、報告が不十分だったりすると、補助金を受け取ることができなくなってしまうので、採択までのサポートを受けるのではなく採択後のサポートまで依頼をするのがおすすめです。

まずはどこまでがサポートの範囲なのかを確認してください。

費用が明確で極端でないか

費用も大切な要素です。中には、業務量に見合わない高額な報酬が請求されるケースもあります。そのため、契約の際に交わす契約書の内容はよく確認しておいてください。安ければいいというわけではありませんが、必要以上に高いのも望ましくありません。

いくつかの業者の費用を比べて、安すぎる、または高額すぎていないかをよく比較するようにしてください。

補助金の代行業者選びはサポート範囲や費用をチェックしよう

補助金の代行申請業者を探しているという方は、慎重に行ってください。依頼する業者によっては、満足な働きをしてくれないのに高額な報酬が請求されるというケースがあります。そのため、いろんな行政書士や中小企業診断士に相談をして、最も信頼できる業者に相談をする必要があります。依頼する前に必ず、サポート範囲はどこまでか、費用は適切かなどをしっかり確認するようにしてください。

行政書士潮海事務所では、補助金の代行申請を行っております。申請代行の経験・実績も豊富にあります。初回相談を無料で受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

補助金の代行申請に関するご相談は行政書士潮海事務所へ

事業所名行政書士潮海事務所
英文名SHIOMI Administrative Solicitor office
代表者行政書士 潮海 俊吾(登録番号 第19272132号)
所在地京都府京都市中京区梅屋町492番地(麩屋町通)

ハイツ京御所 201号室

(ご来所の際は事前にご連絡をお願いします。)
取扱業務許可・認可登録申請手続き

補助金・助成金申請サポート

国際関係業務(阪行第20-93号)

遺言・相続業務
TEL075-241-3150
営業時間9:00~18:00【 定休日… 土・日・祝 】

※メールでの相談は年中無休で受付けております。